海外個人輸入とは

今回のタイトルは海外通販についてです

今や海外からの購入も昔に比べてかなり敷居が低くなりました。多くの方で利用されている方も多いと思います。
特に中国製品は輸入時の送料も安く、安いところでは日本の送料よりも安くなっていたりします。

これは中国の郵便事情が国営であるうえに共産圏だからなのか送料が安く設定されているためです。直送で買えば日本の代理店から買う必要がありません。

しかし、トラブルも多くあります。それは商品状態。
当ショップではランダムに多くのものを購入していますが、USAやEUなどから買うものに比べて、梱包状態が非常に悪いものが多くあります。

特に箱潰れや、実際の化粧箱と違うものだったり(茶色の段ボール)します。この辺りは商品に影響がないので良いとしても、実際に商品に欠品があったり故障があったりとしたことが結構ありました。
通販サイトでは、単にショップが日本の楽天やヤフーのようなショッピングサイト経由で販売しているだけのところもありますから、こういった場合のトラブル対応ができないと、泣き寝入りということもしばしばあります。

意外と面倒な不良対応

日本で通販に慣れていると、海外の個人輸入でトラブルになったときにかなり困った状況になったりします。
中国では基本日本語が通じません。
大体は中国語、または英語になります。
ショップによっては英語も結構怪しいものもあり、中国側の怪しい英語と日本側の怪しい英語同士の対話となると想像がつくと思います。

楽天やヤフーなどで英語を使う外国人に対応する、あまり英語のできない日本人の対応と想像していただければわかると思います。

対応には証拠が必要

故障したとひとえに言っても相手にどこが壊れているのか伝えなければなりません。また破損の場合はどの時点で破損したのかを証明しなくてはなりません。運送中の事故はほとんどが運送会社の責任となりますが、これでは対応できないので、ショッピングサイトでは販売者にその責任を負わせているところもあります。ただし、壊れた証明をつけるためには、中身の画像や壊れた経緯を説明しなければなりません。

サイトによっては開封時からの動画まで用意しないとなかなか簡単に解決とならないこともあったりします。
私自身も高額の商品の開封時にはビデオカメラを回しながら撮影し、開封時を録画するということを徹底しています。
そしてその状態を英語で相手に伝えます。

英語はGoogle翻訳などの簡単なもので十分という方もいらっしゃいますし、実際それで伝わる場合もありますが、PCのような専門パーツの場合、なにかが足りない、なにが足りないのかといった説明や、説明に対して相手から戻ってくる返信の英語の翻訳がまったくわからないということもあります。

ショッピングサイトによってはショップ側が仲裁に入ることもありますが、これもそのショップが閉店されず解決まで残っているという前提条件が必要になります。そしてこの問題も時差があったり相手国の祝日、中国では旧正月や春節などが絡むとかなり長期間対応がとられなかったりします。

再発送や返送

国際便ですから、なんらかの初期不良があれば、送料が大きくのしかかってきます。中国側から送ることは安くても日本から中国へ送る場合は高かったりします。また送る場合はグラム数や場合によってはコードが必要になったりしますので送る場合にも手間がかかります。安い商品の場合で不具合があったばあいは元の商品は廃棄してと言ってくる良心的な店も多いですが、返送してくれという店も中にはあります。相手にしてみればどこが故障しているのかわからない場合もありますので。

また発送にはさらにこれまでにかかった日数分と同じ日数が再発送から到着までかかります。中国からEMSで送るとだいたい14日くらいは覚悟しなければなりません。都合約1か月くらいかかることになります。

日本のような親切な対応を望むならこちらも丁寧に

中国の方にもとても親切な方がいらっしゃいます。以前フィッティングを注文した時に1種類だけ口径の違うものがあったのですが、それをわざわざこの注文の分だけ口径が違うが大丈夫か?と 連絡があったことがありました。

ちなみにその時のやり取りです。

これは個人輸入で購入してもすぐに発送してくれないことが多いので私が、いつ送ってもらえますか?と確認した時に戻ってきた返事です。やり取りの内容がわかれば個人通販も簡単でしょう。

※敬称は除いています

相手:

 We will send out the parcel via EMS, and when we pack it, we found that you choosed the YRT bending kit for OD16mm tubing, but you purchased OD14mm tube, they are not match, could you confirm about this matter? please advise! regards. 

私:

 Thank you very much for noticing the mistake!
 I was ment to buy the OD14mm.
 NOT OD16mm!
 What is the easiest way to change my order to OD14mm?
 I am very sorry for the trouble, I don’t mind paying for the price of 16mm.
 I want the correct tubing to be sent for sure.
 Please give me instructions for what to be done to do this.
 Thank you very much.

相手:

 That is good, I can arrange my people to ship you the correct bending kit(OD14), you will get it soon!

この流れでは相手からハードチューブは14mmだがベンディングキットは16mmになっているのがあっていないが良いのか?という問いにたいして、それは間違っていた、14mmにしたいのだけど、どうすればよいのか?と聞いています。

これに対して相手は14mmにしておくよ というやり取りになりました。

英文を交える場合は相手への敬称はもちろんあいさつやお礼のフレーズも入れたほうが良いでしょう。

意外と”NO”などの単語だけで伝えると相手に高圧的に言ってるように伝わります。こういうことで日本人は失礼な奴だと思われることがあるそうです。

最後に

個人輸入の多くはトラブルもなく進むことがほとんどですが、ゼロではありません。実際私の注文履歴にはこういったやりとりが購入の5~10%を占めています。多少高くても代行業者を使うメリットはこういったサポートがあるかないかの違いが非常に大きいのです。